上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
3話、「小田原攻防戦」。

やっぱり、本の為に殺し合いをする世界観って馴染めません!(;´ω`)

笠原が、手塚に告白されたことを受けて、真紅柴崎から茶化されます。
乙女してる笠原。

図書館閉鎖で、そこに所蔵されている本を巡って良化隊と図書隊の大規模な銃撃戦。
マシンガンでバチバチやってるだけで、いまいち盛り上がらない。

一方、笠原は自分の問題も解決出来ない奴にまかせられないとのことで、
堂上からタスクフォースで唯一作戦のメンバーから外され、指令の警護に。

必ず、堂上のいい人っぷりを1話ずつ挿入していくのは仕様ですか??

笠原は自身の戦闘部隊への配属を家族に知らせていなかったから、が理由だそう。
そ、それでか?!
確かに贔屓しすぎな気がする(´д`;)

結局、図書隊は図書の持ち出しに成功し、建前上良化隊にも、
既に所有してある図書を閉鎖された図書館に残しておく形で決着。

だが、要人警護に回っていた笠原のところに、敵の襲撃。
はたしてどうなる?!
てなところで次回。

やっぱり世界観は馴染めない。
だって、どう考えても行き過ぎてて滑稽だよね。

http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10091051960/4a591107
スポンサーサイト
2008.04.27 Sun l 08-02期 l COM(0) TB(3) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://seresere3939.blog50.fc2.com/tb.php/330-2bebd8db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
図書館戦争LOVE&WAR 1 (1) (花とゆめCOMICS) 手塚からの告白に動揺する郁。検閲の歴史を収蔵した資料館が閉鎖──激戦が予想されるヘリ空輸作戦から、堂上は郁ひとりを外す。その真意はどこに…? 傷心の郁を残し、良化特務機関との大攻防戦が幕を開ける!
 ライブラリータスクフォースに配属された郁。男性と同じ特別訓練に挑んだ。そこで新人と して同じく配属された手塚光と出合った。頭脳・体力・射撃共にずば抜けた能力を持つ手塚 だが、郁の知識の無さに対して容赦の無い言葉を浴びせたが、教官の堂上は、郁の実力を ...
 前話の終わりで、まさかの手塚の告白(≧o≦)!!  もちろん、それはマジ……!!!  そりゃあ、恋愛免疫がない郁は動揺するのは当然ですわ~!!! ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。