上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
1話、「猫は笑わない」。

AT-X開局10周年記念作品。
エロとグロに特化した、R指定作品です。

率直な感想としては、
地上波ぜっっっったい無理!!ww

中途半端な表現で終わる作品が多い中、
ここまで正面きって妥協なく作ってくれて、ホントに嬉しいですよヽ( ´ー`)ノ

グロ描写は私的キングオブグロアニメである、
エルフェンリート程ではないと思いましたけど。

お話的には、不死である麻生祇燐が、色んな事件を解決していく…感じに
なるのかなあ?

OP見た感じではそれだけではない、もっと深いものがあるように感じましたが。

道で絡まれていた前埜光輝を、燐が助けた所から物語は始まります。

どうも記憶が曖昧な光輝。その解明の為色々と奔走する燐。
青山製薬なる場所がキーとなっているようで、そこへ赴く燐と光輝でしたが…。

潜入に失敗して拘束されてしまう2人。

そして、燐に対して超ドSの沙耶羅が拷問。
全身にピアスとか。
この描写すげー(;゚д゚)
最後は撲殺です。
一方の光輝には、手コ○?

血の流れる表現とか、結構リアル。
こういう細かい所までしっかり作ってくれていて、(;゚д゚)スゴー。

最後は、麻生祇コンサルティングに光輝が雇われる所で終了。

EDもこれまた凄いんだぜ。

次回は3月2日24:00~。
絶対見る!

1話見た感じ、かなーり面白かったです。
DVDも春からか…。うむ、欲しくなってきたw
スポンサーサイト
2008.02.04 Mon l 08-01期 l COM(0) TB(2) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://seresere3939.blog50.fc2.com/tb.php/286-0b7b414a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ムネモシュネの娘たち
 XEBEC製作、そして原画が「沙耶の唄」等でおなじみの中央東口氏と聞き、見てみました、「Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-」。  AT-Xの開局10周...
2008.02.09 Sat l 灰色つれづれ草子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。