上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
祭囃し編6話「幕開け」。

圭一も転校してきて、そして羽入も転入。
羽入が可愛いのはわかるが、レナのお持ち帰りーがしつこすぎ^_^;

椅子に縛り付けられるレナだけど、この縛り方はどう考えても…(ry

負けるのが嫌で、逃げ出していた。負けるのに挫けず戦い続けなければ勝つ事は出来ない。
羽入も芯はしっかりしてますた。
本気モードの羽入が物語にどう影響するのかな。

一方の赤坂も、暇潰し編で梨花が言っていた、自分が殺されるという予言を信じて捜査をするみたい。これも今までとは違いますかね。

そしてこの世界では鷹野と初対面。
羽入は全てを悟っていた感じでしたが梨花は覚えていない。
なんと!!(;゚д゚)
覚えてないんかい!!w

次の世界で忘れないようにって言って、睡眠薬も飲まされず生きたまま解剖された意味ないし(´д`;)
力が弱まっているので、この世界がラストチャンスということみたいです。

梨花は鷹野の野望に打ち勝とうと、部活メンバーに助けを求めます。
といっても、すんなり話しても信じてもらえるかどうかはわからないので、
漫画のネタに困ったといってさりげなく聞くと。
魅音が実に的確すぐる。頭いいな。

で、Cパートはお約束の水銀燈野村さん。
終末作戦がどうとか、官房長官がどうとかなんとか言ってるし。
鷹野以上に怪しすぐる。
スポンサーサイト
2007.11.14 Wed l 感想 l COM(0) TB(1) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://seresere3939.blog50.fc2.com/tb.php/223-d110431f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
品質評価 22 / 萌え評価 48 / 燃え評価 6 / ギャグ評価 13 / シリアス評価 31 / お色気評価 19 / 総合評価 24レビュー数 122 件 第19話 祭囃し編 其の六 「幕開け」のレビューです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。