上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
祭囃し編5話、「最後の駒」。

最初は圭一の父登場。顔出しNGでしたけど^_^;
梨花と羽入が仲良くかけっこ。って、羽入実体化しとる!
いまいちどういった位置づけの存在なのかよくわかりません。

雛見沢では、悟史がまだ学校にかよっていた頃から。
沙都子を元気付けるために始めた部活動。
事の発端は沙都子だったんですか、この制度。

レナは、両親の離婚で父方に付く事を選びました。
母の顔出しは、何気に初だったりしますか?w
罪滅し編で少し触れられていましたけど、さらに深く描いたって感じかなあ。

罪滅しの時も、レナなのにレイナって言ってる所を見て違和感は感じていましたが、
レナ自身の過去との決別ってことでそう呼ぶことにしたんですねー。

北条の叔母殺しは悟史が犯人だけども、その後の悟史の足取りが全く謎だったですよね。
今回はそこが明らかに。

てっきりバイトのお金でどこかに雲隠れしたのかと思っていたけど、
実は沙都子の為に人形を買えてたんだー。目明しの時は買えなかったって言ってたけど。
で、人形を買って糸が切れた悟史はL5発症。
そのまま入江機関に拘束されて…。
その後は描かれていませんが、鷹野が実験体がまた来たわねーウフフーなこと言ってる所を見ると、そこで殺された可能性が大きいですなあ(´-`)

園崎お魎が実は良い人だったこともびっくり。
外部の者を招きいれて新しい空気をいれると。

で、圭一が転入。
ここから全てが始まりますね。

運命を変え、鷹野の野望に勝つために必要なのは羽入の強い意志。
さて、その辺どう絡んでくるんでしょうか。
スポンサーサイト
2007.11.07 Wed l 感想 l COM(0) TB(7) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://seresere3939.blog50.fc2.com/tb.php/217-6171e96a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 そこは変わらない世界だった。  変わらないまま固まり、朽ちていく。  頑丈な鎖に縛られていた。  縛られたまま淀み、濁っていく。  どれほど掻き混ぜても足りない。  それだけでは清い湖にはならない。  だから――。 ♯記事内リンク: ★ス...
2007.11.07 Wed l 月の静寂、星の歌
祭囃し編其の伍の今回は、圭一が雛見沢にやってくるまでの話でした。 沙都子の叔母の死と悟史失踪の原因が明らかに、全ては悟史の犯行とL5発症でしたか。 そして前原一家が雛見沢に移住、いよいよ圭一登場ですね。 圭一の父親が雛見沢に来た時に見たのは、楽しく遊...
2007.11.07 Wed l パズライズ日記
今まで足りなかった、強い力を持ち、鷹野の意思を打ち砕いてくれる強さをもった駒。 それがあなた――。 4年目の事件――聡の消えた真相。レナの登場。 これまでと同じ変わらない運命…。 しかし、待ち望んだ新しいも
2007.11.08 Thu l SERA@らくblog
ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.01〈初回限定版〉 誰かが言ってた「運命は自分で切り開くものである」と・・・。だが、そのきっかけを与えてくれるのは、ほんの小さな奇跡なのかもしれない。そして、その人はやってくる・・・。
つけてくる足音・・・:(;゙゚\'ω゚\'):ガタガタガタガタ
2007.11.11 Sun l ●○PEKO LIFE●○
 昭和57年6月圭一の父前原伊知郎は、園崎家別荘の土地分譲地見学ツアーに参加し 雛見沢を訪れていた。周りの風景をカメラに収める前原の目の前に楽しそうに遊んでいる 梨花と羽入が走って来た。(何故羽入が実体化してる?)一方沙都子は、未だに叔母との 確執が続...
誰かが言ってた― 運命は自分で切り開くものだと― でも、そのきっかけを与えてくれるのは― ほんの小さな奇跡なのかもしれない― 整いつつある舞台♪自然とテンションも急上昇ww今編で今まで幾度も積み上げてきた苦難
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。