上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
4話、「わたしのおかあさん」。

作文の宿題として、両親についての事を書くようにさせる青木先生。
でも実は、りんの母は死別、父は別居で親戚と同居していたという事実に愕然。

…って、話が重すぎるぜ(´д`;)

そのせいで優しくされていたと思ったりんはショック。
青木先生を避けるように。

これではいけないと思った青木先生は家庭訪問。
親戚のレイジとお話。

レイジはなんか裏がありそうな…青木先生に対して敵対心みたいなものを持ってるのかな?

ともあれ、りんとの誤解も解け、青木先生のファーストキスを奪ったりん。

ませてる面(性的な意味で)を除けば本当にシリアスな内容だよなあ^_^;
今回はセリフと一部場面の規制だけで、割と少なめだった。
スポンサーサイト
2007.11.04 Sun l 感想 l COM(0) TB(2) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://seresere3939.blog50.fc2.com/tb.php/215-1f1e2b0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
こどものじかん 1科目 その日、帰りのホームルームで“家庭訪問のお知らせ”のプリントを児童達に配り、宿題として「父母についての作文を書いてくるように」と告げる青木の姿があった。父兄との初めてのコミュニケーションに意気込む青木だったが、同僚の白井は家庭訪...
夏休みでも先生には休みはありません。 せっかくの休みでも、りんには青木に会えない鬱々とした日々。 その間隙を縫って(違)青木に接近する宝院先生。 花火大会の日、りんは青木を誘いに学校へ…。 学校でしか青木に会
2007.11.11 Sun l SERA@らくblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。