上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
22話、「ピエタ侵攻II」。

うーん…。
今回は微妙だなあ。演出とか脚本とか。

なんでラキパートとリガルド戦パートを何度も行き来するんだ。
ラキなんてどうでもいいし戦いの緊張感とか疾走感が台無し。
回想も多すぎ。

ラキは「クレアを守りたい」って、だーかーらー。
あんたが行って何出来んのよ。
クレアの完全覚醒から戻す、それくらいしかないべ。
イースレイが良い事言ってんのに。「無力は罪」って事が理解できていないのか。

ミリアが瀕死になり、首を刎ねられる寸前でクレアが完全覚醒。目の色が変わってリガルドの右手を切り落とした時はかっこよかったけど。

それでもそこで終わってしまった。
ラキパートなければ結末まで行けたのにな。

23話でリガルドを倒してラキが来て、プリシラ戦で終わりか??
南の深淵の者とNo.1、2は?

伏線は過去にあったのでまだ望みは捨てない。
スポンサーサイト
2007.08.29 Wed l 感想 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://seresere3939.blog50.fc2.com/tb.php/163-b6594aa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。