上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
13話、「恋のからまわり」。

来たるべき新年に向けての予行演習というわけで、
冬馬が袴姿、まこちゃんが着物姿に!
どっちも似合ってるから困る^_^;
相変わらずまこちゃんが可愛いぜ、男なのに(;´ω`)

吉野が、着物を着るときは下着は脱ぐ、という発言のせいで
まこちゃんが本気で脱ごうと…(;´ω`)
そりゃ内田の着物だから内田は嫌がる嫌がるw

初詣を夏奈と行こうとして誘おうとする藤岡と、
藤岡と行こうとして誘おうとするリコ。
どっちも同時に掛けるもんだから話中で繋がらない。
(゜д゜)イライライライラ
なんでこうも同時なんだ!こっちがイライラしてきたw

携帯に電話していた夏奈、確かに携帯に2時間だと料金大変な事になるな^_^;
請求先はケイコにしろ、ってまた勝手な事を…。

で、保坂の気持ち悪い
蕎麦を打ちながらだんだん上着のボタンを外していく保坂。
保坂シミュレーション豪華客船編。
あはは、あはは、あはははは。
…。気持ち悪い!!w

先生と二ノ宮君も最終回。って、10時間スペシャルって長ぇよ(´-`)
崖から落ちるときのぎこちなさに、夏奈が「あ、人形だ」っていうのが的確すぐる^_^;

と、そこに怪しげなジュースを持ってきた速水先輩。
…酒、だよね?酒だよな??w
怪しげなジュースを飲んだ春香と千秋は…酔ってるんだよな??^_^;
ツイスターがエロすぐる!!(´д`*)

速水先輩が壊れてて、夏奈を襲うシーンは良かったな。
いつも勝手で生意気な事ばっか言ってるから追い込まれてる状況って見ていて楽しいw

童夢版ラストを締めくくるのは、保坂か!
断崖絶壁から蕎麦を片手にあはは!あはは!あはははは!
気持ち悪い!!


というわけで、童夢版も最終回。
当初はキャベツ会社制作だからと期待していなかったけどかなり面白かったです。
07年4期開始アニメの中ではCLANNADの次に良かった。
次回からは空鍋SHUFFLE!ヤンデレ楓でおなじみのスタッフが織り成す
ドロドロの愛憎劇(大嘘
ともあれ、アスリード版も楽しみ!!
DVDは…どうしよかな。お色気アップ!とかフィルター解除!とかなら欲しいけど…。
作画修正くらいだったら微妙。
そもそも出費やばいしな・・・ただでさえ今はスクイズとひぐらし解とCLANNAD買ってるし(;´ω`)
スポンサーサイト
2007.12.31 Mon l 感想 l COM(0) TB(13) l top ▲
3話、「代償」。

前話から悪行の限りを尽くし、何人もの人を殺したりしてきた、
割とシリーズ通してのライバルというか、敵になるのかなーって
思っていた真田。

と、冒頭いきなりパムに殺されたー(´д`;)
なんともあっさり。

よくわかりませんが、パムとかあのおじさんとか医者みたいなお姉さんとかが
いる所ってアカヤシの組織か何かですかね。なんか団結してる感じだったし(´-`)

真田がいなくなって、久坂に喧嘩売ってきていた2人のチンピラも、
あっさりパムに殺されたー(´д`;)

よく人が死にますね、しかも真っ二つ。

エイムが背中切られて倒れた時は、いやーー!!!って思いましたけど、
なんとか大丈夫みたいでよかったな(´ー`)

パムに負けて拘束されるエイムと久坂。
エイムの緊縛は凄いね、まさに狙ったかのような姿勢(・∀・)
パムは、久坂との強制結婚式を開催。
でもそれにカチンときたエイムがアヤカシの力を解放。
っつうかこの鬼のアヤカシめっちゃ強いんですけど!
最初から使ってればよかったのに。

パムを噛んで重傷を負わせるって、その方法もまたスゴス。
トドメをさそうという所で、まさかの久坂がアヤカシ解放で阻止(´д`;)なんでよ。

なんか主人公の馬鹿っぷりというか、敵に変に甘かったりする優しい所が
嫌なんだよなあ。
「パムは子供だ、教えてやらないといけないんだ!」
って、もう何人も人殺してますがな。子供も何も関係ねぇ!

2話でも意味不明に子供2人出てきて事態を悪化させてる所とか、
割と頻繁に出てくるイライラフラグはなんとかなりませんかそうですか。

グロ描写に力入れてますけど、キングオブグロ描写のエルフェンリートには及びませんな(;´ω`)
エルフェンリートはストーリーもネ申でしたが。
さて、このAYAKASHIはどうなりますか。とりあえず継続。
2007.12.28 Fri l 感想 l COM(0) TB(0) l top ▲
アニメ化されますねえ(´-`)

珍しく原作読んでる作品ですが、なんといってもお色気!
がメインの作品なだけに、TBSってーこともあるし結構規制入る予感(;´ω`)

2008年春とゆことで、4月からですかね。
2クール構成かな?となると、コミックスで7巻入れるかどうか…な感じかなあ。

ララ役は真澄んとか豊崎愛生とかが合いそうだなーとか妄想してましたが、
戸松遥って方知らないんですよね…どんな感じになるのかな。

ともあれ、地上波で規制されても今流行りというか暗黙の了解である、
DVDでの規制解除をwktkしながら待ちます!w
2007.12.26 Wed l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
13話、「先生たちと生徒たち」。

前回の続き、室江高と成明高の練習試合続きから。

芽衣ちゃんは剣道部辞めて調理部に入ろうと妄想中。
と、そこに珠ちゃんの一本が入り、彼女の中で何かが芽生えた様子。
なんだか、珠ちゃんに惚れちゃってるみたいですがw

圧倒的に強い珠ちゃんを前に、成明高校の部員も珠ちゃんに興味深々。
成明高校でのキツくて重い練習とは違い、楽しくやれるというのも
大きいですなあ、この練習試合。

東は珠ちゃんと互角稽古。
ということは、やっぱり珠ちゃんに次ぐNo.2の実力ってことか!
結構手合わせの時とか割と互角だったりしたんで、面白かった。
もちろん敵わないんだけどね(;´ω`)

石田と林のお話は、林いい話してるんだけど、如何せん石田がなあ(´д`;)
相変わらずというかなんというか。

1対1の練習試合、芽衣ちゃん可哀想だ(;´ω`)
迫力だけは人一倍のみやみやだったもんなあ、しかもウザキャラ礼美のせいで
さらに気がたってるし。
これにめげず頑張って欲しいもんですが!

次回は「さとりんの決意ともぎゅもぎゅ」。
もぎゅもぎゅってよくわからんけど、さとりん遂に部活参戦か?!
まさか辞めるなんて事ないだろう~(´-`)
2007.12.25 Tue l 感想 l COM(0) TB(10) l top ▲
12話、「東の事情とメイの事情」。

鞘子の東聡莉物語、本当なのかと思ってしまった(;´ω`)

成明高校剣道部、なんか雰囲気がギスギスしていて嫌だな…。
顧問の林が熱血だから?
ともあれ、めいちゃんが可愛いすぎる件

声も名塚佳織とわ、こりゃきっとこれからも定期的に出てくるキャラと見た!(゚д゚)クワッ

のぞみ、辞めないでとかいっといて自分があっさり辞めてやんの。
こら!めいちゃんが可哀想だろ!ヽ(`□´)ノ

礼美の、みやみやの彼氏間違いはやっと気付いてくれたようでよかった。
ってか礼美が勝手に勘違いしていただけだけど。

めいちゃんは今回の練習試合を最後に剣道を辞めよう、と言ってましたが
練習相手に珠ちゃんが。
これは何かあるに違いない!まさかあっさりやめるなんて、そんなことはないはず!

東は、やっぱり可愛いかったぜ。
別に眼鏡好きとかではないんだけども。
紀梨乃と鞘子のハイテンションっぷりは見ていて飽きませんねー。
強引に東を連れまわす辺り、凄い行動力。
テストの成績が悪いため剣道を辞めている、ということですが…はてさて。
なんか勇次に好意を持ったみたいだし(´ー`)

次回は「先生たちと生徒たち」。
2007.12.24 Mon l 感想 l COM(0) TB(1) l top ▲
12話、「クリスマスとかイヴとか」。

千秋はタケルがサンタクロースの衣装に着替えているのを目撃して以来、
サンタクロースを信じなくなってしまった。
なんとかして夢を取り戻してやりたい…なーんつってる夏奈だけど、
絶対裏があるよな(´ー`)

藤岡サンタのお陰でなんとか夢を取り戻した…?みたい。
「何がサンタだ。子供か?お前は。ばっかじゃないの?」
そうか!夏奈はこれが言いたかったが為に藤岡までも巻き込んで騒ぎをおこしたのか!
やっぱり頭おかしい夏奈らしい。

冬馬さんちのみなみけ兄3人による、冬馬へのクリスマスプレゼントを何にするか?会議。
この辺りの話題も、実に馬鹿馬鹿しくてどうでも良い事を真剣に話しているものだから
面白すぎる(´ー`)ニヤニヤ
つまりは新しいサッカーボールかスパイクが欲しい、ということなのだがどうにも脇道に逸れるし^_^;
いつのまにか冬馬アルバムに見入ってて結論出てないw

春香達はイヴは焼肉。
千秋の4連続バカ野郎発言。ご機嫌らしい?^_^;

藤岡くんはすっかりハムの人。
全然好きな人へのプレゼントになっていないし^_^;
でも渡せて喜びの藤岡君。本人も満足してるしまああれでよかったのかな(;´ω`)

で、次回は童夢版最終回?の「恋のからまわり」。
アスリード版もとっても楽しみであります。
2007.12.24 Mon l 感想 l COM(0) TB(12) l top ▲
12話、「歩き出そうよ」。

二ノ宮くんも最終回。
トンデモ設定とトンデモ展開が多かったこの作品、
ラストは麗華と真由の峻護をめぐる戦いはこれからだ!みたいな、
最も曖昧ではっきりしないなんとなくENDでした。

麗華なら麗華、真由なら真由で、はっきりして欲しかったけど。
こういった形で終わる作品多いですなあ。

幼い頃、生気を吸わずにいた為瀕死の状態になった所を、
峻護からキスして生気を吸う事で助かった真由。
そのせいで峻護は記憶を喪失、麗華はその現場を目撃してしまい
その辛い記憶をもう一人の自分に押し付けてしまった、というのが真相らしい。

1期まるまる引っ張ってきた謎もやっとわかってよかったなあ。
2007.12.24 Mon l 感想 l COM(0) TB(0) l top ▲
12話、「かくされた世界」。

一ノ瀬ことみコンサートも終わり、バイオリンも仁科さんに返すことに。

その後、クラスで勉強を教えたりしていることみ。
友達に囲まれ、楽しくお話。
それを見て微笑む朋也と渚はどう見ても恋人同士にしか見えません(;´ω`)

お笑いに熱弁を奮う杏、まあただ言える事は
( ゚∀゚)o彡゚ 杏!杏!
相変わらず可愛いぜ杏。杏が出てくるだけで嬉しいもんw
ことみのギャグは…ゴメン、私も笑い所がわからん!

ゲーセンでことみの誕生日プレゼントにとUFOキャッチャーの縫いぐるみを
取ろうと頑張る杏。
というか、この縫いぐるみ佐佑理さんが舞に買った縫いぐるみじゃないの?!w
どっかで見たことあるなーと思ってたらKanonだよ!(´ー`)

で、突然風子キター!
大きい縫いぐるみを取りたかったのに自分の好きなヒトデだけとって満足するなんて、
相変わらずだな(;´ω`)あ、あれは星か。
何気に持って帰ってるしw
渚と朋也は忘れてますが、断片的な思いはしっかりと持ち続けております。

杏に仕込まれ、目隠しドッキリをすることみ。
胸ー!胸ー!(*´ω`*)
と、そこに息を切らして走ってくる渚。走っても体は大丈夫なん?と思いつつ、
椋が乗ってると思われるバスが事故、と伝え、緊迫な状況に。

現場に駆けつけると大きな事故が発生していた。
でも何とか怪我人もいなくて、椋も無事だった。良かったー、と思ったのもつかの間、
ことみの様子がおかしい。

事故現場を目の当たりにしたことみが精神崩壊…。
いや、びっくりしました。
いつものまったり口調ではなく、鬼気迫る声、そして作画枚数異常に多いと思わせる
泣き顔。すっかり見入ってしまった。

ことみは早退。一人で帰りたいと言って帰ったと。
杏の「まだ私達は本当の友達じゃなかったのかもね…」の言葉が重い。

そして、ことみの言う悪者、正体はことみの両親の研究チームメンバーだったと。
研究内容が時空が、とか歪みが、とかYU-NOチックな話になってきましたよ。

まだ話がサッパリ見えませんが、非常に真相が気になります。

ことみの部屋に行く朋也。
壁一面に張り巡らされた新聞紙の断片。
そこで知る両親事故死。

朋也は以前ことみと会っていた…?
あの、たまに出てきた火事の辺りが関係しているんだろうか。

次回も楽しみ。
2007.12.23 Sun l 感想 l COM(0) TB(12) l top ▲
お買い物をしましたー

CLANNAD1巻の通常版をw

いやほら、本当は初回版買おうと思っていたんですよ。
で、店に行ったら通常版もあったわけですね。で、気付いたら通常版がっ!(;´ω`)

またやってしまった!何も考えずジャケ買いしてもうた!w

限定版はスーパージュエルケース仕様に映像特典にデスクトップアクセサリに
コメンタリにと豪華仕様ですけど、
通常版は一切なしw
トールケースなのが嬉しいですが。Kanonとかと同じだし、そもそもスーパージュエルは好きじゃないし。
まあその分安くなってるわけで、差額は1700円くらいですかね。
シリーズ通すと14000円くらい?
2巻も、椋の素敵なジャケだし、とりあえず通常版で。
2007.12.19 Wed l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
祭囃し編11話、「オシマイ」 。

山狗部隊に突っ込んでいった富竹と赤坂、
スナイパーの腕前もあった葛西からの援護射撃のお陰で何とか突破。

番犬部隊への連絡も終わり、もう一度雛見沢に行くことを決める2人。
さすが男だな(´ー`)

小此木は前話に続き諦めモード。
今までの敵であった部活メンバーの部長魅音を前にしても戦う様子はありません。
一方の鷹野は激怒。
まあ今まで苦しめられた相手ですからねえ(´-`)

そして番犬部隊の到着。
戦闘に特化した精鋭部隊とな。
あっさり制圧され、山狗は投降。

一方の鷹野は雛見沢症候群発症してたのかおい^_^;
頼りにしてた野村にも見放されるわ、自殺を強要されるわ、
ついてません。

可哀想だなと思ったけど、終末作戦やろうとしてたり、
挙句最後の1発を誰か一人殺して道連れにしようとするあたり、
やっぱり根から悪い奴だったな鷹野は(´д`;)

最後は鷹野が番犬部隊に囲まれ連れて行かれるところを富竹が入江機関での治療を
行うべきと発言。
散々足蹴にしていたくせに、抱きつくあたりいい性格してるな^_^;

今回も鷹野と対峙したりと何かとかっこいい羽入が見れて満足。
両目にギアスは伊達じゃない!w

エンディングは、決して今まで迎える事のできなかった7月1日を迎え、
幸せな日々を送る事のできる未来が!って感じかな。
羽入と梨花の笑顔がよかった。

ラストは鷹野の過去。と、
大人の梨花キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!
見たい見たいと思っていたのでかなり嬉しかったりするw
かわいいっていうかかっこいいな!なんかワイルドな感じで!!w
服装はやっぱりアレなんだな(´-`)

これってつまり、梨花が過去に戻って鷹野の運命を変えた両親の事故死を
回避させたってことだよね?ちょっと謎を残しつつ終了。


やっぱり悔やまれるのは解後半の展開と演出と作画かな。
他は満足。解になってグロ描写が殆ど無くなったのもちと残念ではあったけど。
まあ、原作ゲームはやったことないので、アニメでずーっと追ってきていたわけですけど、
やっぱりストーリーは凄く面白いし奥が深いしキャラも魅力的だし素晴らしかった。
DVDも全巻買ってもいいかなーって感じ。

と、そんな所で3期キタ━━━(゚∀゚)━━━?????
え、原作ゲームももう後ないじゃん。何をするのかな?
番外編をアニメ化?
みんなが大人になった世界でのオリジナル?
なんかラストの梨花大人バージョンを見て、そんな気もしてきた。
ちなみに実写版は絶対に見ませんw

http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10060835713/d017407f
http://pub.ne.jp/tb.php/1118817
2007.12.18 Tue l 感想 l COM(0) TB(27) l top ▲
11話、「となりの南さん」。

冬馬の方の南家が出てきた!
なんとも、上に男3人の4人兄弟でしたか。
最近お世話になっている千秋の方の南家がどんな所か調査を。

というわけで、3男のアキラが訪問。
手土産に石鹸てw
春香は嬉しいみたいだったけど(´ー`)

で、同学年(?)の夏奈とアキラが学校でお話。
と、そこに藤岡が。
全然さり気無くねぇ(;´ω`)
むしろ相当な威圧感。

走って逃げるアキラを追いかけ、真顔で平然と語ってくる藤岡が面白い(´ー`)

千秋が石の山田君をずっと蹴り続けて帰宅ー。
ラストはちょっと夏奈酷かった(;´ω`)
せっかく家まで蹴り続けたのになあ。
何気に絶対領域にも力入っていた気が。

次男ナツキは、なんか保坂を先輩と慕うあたり、同類な感じがする(´-`)
話す事とか、会話が保坂と成立しているあたりがなんともw
この辺の会話が面白くて笑ってますた。

で、かなり役得なナツキ。
春香の胸に!顔を!ムギューって!w
あれはマキが100%悪いんだけどね。

南家訪問時にも、ブラチラ春香を拝んでるし。
まあこれもナツキに非は無い。

長男が結局訪問しなかったけど、訪問して欲しかったなあ。
そしたらまた面白かったかもしれないのに。残念。

ともあれ、童夢版みなみけも残りあと僅か。
当初は某キャベツの悪夢もあったことからどうなるかと思いましたが
すっかり今期イチオシ作品となってますねー。
この勢いで最後まで行って欲しいです。

私はアスリード版もかなり期待していますので、2期も楽しみ。
2007.12.17 Mon l 感想 l COM(0) TB(7) l top ▲
11話、「放課後の狂想曲」。

朋也昼寝中の所に鳴り響く騒音。
ことみは相変わらずバイオリンで攻撃演奏を披露中。
なんでこれでウットリなんだ?自身は何も思っていないところが不思議^_^;

ことみにツッコミとかの指導をしている杏は流石。
で、魔法少女杏キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!
動く動く。そして可愛い杉(*´ω`*)杏最高!!w

ことみを渚と椋に任せて、朋也と2人きりになる杏。
椋はそんな素振り見せないから本当なの?と思いつつ、どうやら椋は朋也が好きらしい?
それを杏が遠回しに聞いている感じだったなあ。
杏も好きで、姉妹の修羅場とかがこの先あったら鳥肌もんなんだけどなあ(´д`;)

朋也の自宅は相変わらず。あまり居たくないので、外に出る事に。
春原の所にでも…と歩いていた所に鳴り響く騒音。
図書室で絶賛騒音の演奏をしていることみが(;´ω`)
朋也が来てくれると思ってアップルパイを焼いてたり、紅茶を用意してたりと、
そんな思いやりのある事をことみがしていてびっくり。そしてAパート最後での
意味深なカット。Bパート以降は特に触れられる事もなかったけど…うーん^_^;

後半は一ノ瀬ことみリサイタル。
久しぶりの智代も出てきたーわーい。
タレ目で可愛い有紀寧もきたーわーい。
その他杏が集めた軽犯罪者達w人脈すげぇな^_^;

渚のカスタネット、椋のトライアングルと来て、
お!流石に当日に合わせて練習はばっちりか??と思ったけど、
そんなことなかったな(´д`;)
あいかわらずの騒音。
そして倒れていく者達…w

ラストは10話ラストにも出ていた髭のおじさん。
彼は一体??
ことみは震えながら「悪い人…」と言ってましたが…さて。

次回は「かくされた世界」。

http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10060134276/4d250364
2007.12.15 Sat l 感想 l COM(0) TB(25) l top ▲
11話、「逃げないでよ」。

本編はもう一人の麗華大活躍。
こっちの方が好きだなあ^_^;
それはともかく、この辺の設定がどうも説明されていなくてよくわからないんだけども。
何で麗華って2重人格なんだろう?
10年前峻護と過ごしたときの人格はどっちなんだ?
とか、その辺次の話とかで説明あるのかな?

心配して峻護の家に来たクラスメート。すると、峻護の家が荒らされている。
これは真由が荒らしていったってことか?

牢屋に閉じ込められている峻護。
助けに来る保坂先輩。
この辺の意味もよくわからんが、つまり北条家が監禁して、またすぐ解放?

保坂先輩が峻護を連れてきたのは、10年前麗華と真由と3人で暮らしていたアパート。
そして思い出される記憶。
ってー思い出すの遅ぇよw
この当時の約束を忘れていた峻護に殺意w

Bパートでいきなりセクロス(・∀・)クルーー??
と思ったが、やっぱりそんなことはなかった。
敵襲です、とゆことであっさりやめる麗華。えーー!!

そこに助けに現れるたすくといろり。
なんでダサくて格好悪いヒーローチックな服装なんだ!

サキュバスは生気を吸わないと死ぬと。
で、真由がピンチ!
真由が街にいってれば何も問題ないのでは?と思いつつ。
助けに行こうとする峻護の前に北条の兵隊さんが立ちはだかる。
そこに助けに来るいろり、たすく、しのぶに美樹彦に姉。
戦闘機でくるって美樹彦どんだけー。
効率悪いだろ。

真由はその頃思い出の遊園地に向かっていた。
峻護とその同級生も遊園地へ。

とゆことで次回。

まあ相変わらずの二ノ宮くんクオリティ。
11話開始直後は流石に最終回近いしシリアス展開いくか?!
と期待したのが馬鹿だった。
随所に見られるえー!!という設定と展開。
最終回もそんな感じで終わるんだろうなー。
2007.12.13 Thu l 感想 l COM(0) TB(7) l top ▲
11話、「アニメーションとドリーム」。

アバンでの紀梨乃は可愛いなちくしょう(*´ω`)
チョーク食べたしw

Aパート、太股とか胸フェチ作画が非常にGJ。

礼美については、非常に嫌な人ですな(´д`;)
みやみやストーカーに、不良雇って半殺し依頼とか、どう考えてもワルです。
みやみやの彼氏、勇次じゃないし(;´ω`)
勘違いにも程がある!
もうちょっとストーカやっててくれたら、ダン君と2人で帰った時点でわかったのに。
そして、幼い頃の珠ちゃんが可愛い件(*´ω`*)

東のクラス担任に剣道部に入るよう直訴する石田。
この吉河先生も可愛い件(*´ω`*)
ここでもまた( ゚∀゚)o彡゚ 太股!太股!
声がなんか違和感あったのは気のせいかな(´-`)

図書室での紀梨乃と鞘子の注意される場面も面白かった。
東らしき人、あれで女子高生か?!どうみてもおっさんじゃね?w

ラストは珠ちゃんによる谷口悟朗を熱く語るコーナー。
ほう、つまりコードギアス2期を最後に前線から身を引き、若手の育成に
力を入れるということか!!(嘘
何故か銀河万丈ナレも入って、これってバンブーだよね?と思いつつ。

次回は東が結構出てくるみたいだなー。
なんか結構可愛いかも。
2007.12.12 Wed l 感想 l COM(0) TB(7) l top ▲
祭囃し編10話、「血戦」。

前回ボコられたはずの小此木が何事もなかったかのように指揮をとるところから^_^;

山で部活メンバーと山狗の総力戦が。
にしても、山狗ってプロの部隊だよねえ?なんともマヌケというかなんというか。
トラップにはバンバン引っ掛るわ、オヤシロ様の脅し(?)で逃げ出すわ。
木を落とすトラップはなんなんだw
落ちる木の上で必死に歩いている奴に微妙に下敷きになった奴もいた気が。
緊迫するはずのシーンだと思うんだけど、どうも拍子抜けしてしまった。

一方詩音と入江、葛西と赤坂は入江診療所の地下区画へ。
綿密な作戦を立てて突入したはずが。
「あ!そうだ!侵入者対策の装置があって、警報が鳴ると鎮圧ガスが!」
…そういうことは早く言えw
入江のナイスな発言に一気に緊迫。
でも葛西のドスの効いた脅しに屈した山狗が警報切ったので事なきを得ず。

ご褒美に鉄砲でガツンと1回殴っただけだったが、あれでいいのか?と思いつつ。
あれじゃあすぐ復帰して応援呼んだり反撃にきたりしない?と、
詩音と入江が悟史のとこへ行ってる間終始思ってたけどそんなことなかったな(;´ω`)

山では圭一の仕掛けたトラップ、なんとも…(;´ω`)
コントのようなコケ方する山狗に妙なテンションでイエーイ!v(・∀・)なレナと圭一。

圭一と羽入の祟り演出。
なんともこれで逃げる山狗も山狗だが…。
これは心理戦…なんですかそうですか。
その後の気の抜けた部活メンバーパート、私的にはいらないと思うんですけど…。

山狗部隊は小此木が諦めムード。
鷹野に対して見限ったかのような態度でしたなあ(´-`)

赤坂と富竹が車で強行突破!するところで次回。
なんとも気になる所で…^_^;

次回本当に最終回かあ。
ここ数話はなんとも演出が…な感じに思いましたがそんなひぐらしも遂に終焉。
今回の23話はなんだか出来が特に酷かっ(ry
作品自体は凄くいいのに、なんかもったいない出来だなって思います。
とりあえずDVD購入してはいるけど、この作品全部揃えると6万超えなんだぜ?(´д`;)
最終回は素晴らしい出来であってほしいなあ。

http://tb.plaza.rakuten.co.jp/aoi78/diary/200712110000/b72e7/
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/96bcf02a124e4a7885b3ad914390074e/19
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10059636193/4ff24d5f
2007.12.11 Tue l 感想 l COM(0) TB(18) l top ▲
10話、「おとこのこ×おんなのこ」。

10話目にして新キャラ南冬馬登場。
あ、水樹奈々だったんだ、気付かなかったw

内田、吉野に言われ、他のクラスに同姓の南冬馬がいると聞かされる千秋。
早速見に行くことに。

なんとも男っぽい女だなあ(;´ω`)
千秋の、自分が不利になると話題変えたりとか理屈つけたりとか性格の悪さがよくわかりますなw

と、いうわけで南家に遊びに行った冬馬。
春香と夏奈には最初は男と思われてたみたいだねぇ(´д`;)

正体を明かす!と意気込むマコちゃんだけど、そもそも女にしか思われてない状態で
言っても全然説得力ないし^_^;

こたつは、大変エロース(・∀・)でございました。
で、やっぱりマコちゃんは可愛い件。男なのに^_^;

次回は冬馬の家庭のお話ですか。楽しみ。

http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/cfdc27a94d
http://e102128.blog54.fc2.com/tb.php/702-c937c96a
2007.12.10 Mon l 感想 l COM(0) TB(17) l top ▲
というわけで、時期も差し迫ってきた恒例新番チェック。
メモメモー(´ー`)

●「H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND」 1/3 26:30~チバテレビ

原作ゲーム未プレイ。元のキャラデが基4%氏ってーのは知ってた。
というか、「陰と影」がいつまでたってもさっぱり発売されないから、
むしろこっちをアニメ化して欲しかったり。

●「ロザリオとバンパイア」 1/3 23:30~チバテレビ

GONZOクオリティ。

●「俗・さよなら絶望先生」 1/5 24:30~テレビ神奈川

2期目ですなあ。
そんなに大好きだったわけでも無いですけどチェキ。

●「シゴフミ」 1/5 25:35~チバテレビ

佐藤竜雄監督キター。
原作とかは全く知りません。

●「みなみけ~おかわり~」 1/6 25:30~

さあ、細田直人監督、鈴木雅詞シリーズ構成、アスリード制作のみなみけが
始まりますよ。
今度はヤンデレ化した春香とかが見れたりしたら嬉しい。かなり。

●「GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO」 1/7 27:00~

1期目は見たことありません。
が、いきなり2期目から見る気でいます。
ストーリーは置いてけぼりになるのかな?

●「狼と香辛料」 1/8 25:30~

キャラが結構可愛いと思うんですが…実際動いてるのを見たらどうだろう。

●「Mnemosyune -ムネモシュネの娘たち-」 2008/02

バイオレンスにエロス。まさに大好きなジャンルだ!w
非常に楽しみ。


あとは現クールからCLANNAD、バンブーですな。
これで10本。
まあ消化する分には大丈夫だろう(´-`)
あとは評判とかを色々聞いて、足したり、切ったりするのでこれくらいかな。
2007.12.10 Mon l メモ l COM(0) TB(1) l top ▲
10話、「天才少女の挑戦」。

風子編も終わってことみ編へ。
アバンで久しぶりの幻想世界。
なんかモーションが凄ぇ!(;゚д゚)
で、一体この少女とロボットは何なのか?

そして始まる変わらぬ日常。
ただ、風子との交わりを通じて少しずつ成長した渚と朋也。
しっかりと心には風子との思い出が残っている様子(´-`)

何故かことみを沢山の人と交わって社交性のある人間にしようという話に。
あれ、演劇部は?(;´ω`)

友達は与えられるものじゃなくて、作るものだ!という杏、
友達は出来ません!という椋、何気にさらりと酷い事を言いますねこの姉妹^_^;

何で学園祭でもないのに着ぐるみきて構内をうろついてるんだ?
という疑問はさておき、
ことみは朋也に言われたスクリプト通りに自己紹介と友達になってくださいコール。
智代は察してか頷いた。
なんか着ぐるみに抱きつくことみが(・∀・)イイ!!
…で、あの着ぐるみの中の人って智代なんだよなあ??w

パンのおばさんにも台本どおりの自己紹介。
一ノ瀬、という苗字はちょっとした有名人らしい。
両親の話で表情が曇ったことみ、これはもしかすると家庭環境に問題あり?

Aパートでのきつい言葉もなんのその、突然ことみに抱きついてくる杏(*´ω`*)
一緒にどっか遊びにいきたいとな!というわけで、演劇部部室へw
演劇部の部室で杏・椋・渚と朋也の自己紹介コント。
杏のケリも久々に見た感じだな(´-`)

そしてあり得ない破壊的超音波を発することみ演奏バイオリン。
さながらジャイアン状態ですな(;´ω`)

そしてラストに変なおっさん。
誰?

10話は一番好きキャラ杏がたくさん出番あって満足(*´ω`)

というわけで、次回「放課後の狂想曲」。
なんかスタッフは次回予告を面白MAD化していくつもり?(´д`;)


http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10058964234/265c0514
2007.12.07 Fri l 感想 l COM(0) TB(14) l top ▲
10話、「遊びにいこうよ」。

前回の続き、いろりのキスから。

どうやらいろりもサキュバスだったようですね、生気を吸い取られて峻護の力が
抜けたのか。

で、これと同じ事が昔にもあった。
そのときは真由がキスして峻護が意識不明になった様子。
それに対しての涙だった(´-`)
なーんだ、ヤンデレ期待したのにw

いつもとちょっと雰囲気の違う真由。麗華と峻護と3人で遊ぼうと。
なんだか積極的です。

カキ氷を食べた所でも、これまた昔同じことがあった。
10話目で、あと数話で終了というのにまだはっきりと記憶の戻らない峻護。
主人公なんですからしっかりしてください(;´ω`)
カキ氷エピソードについては思い出した模様。

と、突然忍者に追われる真由、麗華。
さあ、意味不明超展開の二ノ宮くんクオリティが始まりましたよw

なんとその忍者はたすくの刺客だったのだ!
十年前の恨みを晴らす為、再び戦いを挑むたすく!
結局一騎打ちなんだから忍者をあれだけ揃える意味あるのか!
しかも忍者、日奈子のおもちゃのバットでただ食らってるだけとかやる気ねぇし!

結局たすくは真由が好きだったのかなんだったのかよくわかりませんが、
いろりからキスされてすっかり上機嫌。
「抱いてくれますか?」のいろり発言をそのまま実行。めでたし。

ラストは麗華の人格が再び変更。
すると突然保坂がしのぶをへりから突き落とす(´д`;)
保坂ひどすぐる!(゚д゚)

真由はさようならの置手紙。
10年前が原因なのかなんなのか分かりませんがどうせ最終的には戻ってくるんだろうな。
と思いつつ、次回は「逃げないでよ」。
2007.12.06 Thu l 感想 l COM(0) TB(7) l top ▲
9話、「三姉妹日和」。

最初は春香の学校が臨時休校ということでマッタリとな(´-`)

終始夏奈は「うらめしい~」と腹を立て、千秋は「ゆっくりお休みください」と気遣う。
この辺りが性格出てますなあ。

夏奈の予言通りの行動をしている春香も実は馬…あ、いや^_^;

口についてるクリーム、というか春香くらいの頭良い人だったら
そんなミスしないと思うけど(;´ω`)
それを見られ、夏奈に詰め寄られる。

いつも忙しく家事とかをしている春香に対し、「察しろ」という千秋の言葉に気付かされて
夏奈はシェービングクリームという事で納得(゜д゜;)

女で何でシェービングクリームだw納得すんなw

というわけで、次は夏奈と千秋の腹を割って話そうのコーナー。
この辺の掛け合いとか面白かったす(^ω^)
ズボン降ろしてコケるのとか秀逸w

馬鹿は風邪ひかない夏奈が熱を。
見たいテレビを見るよりそんな姿の夏奈を見るほうが楽しいという千秋。

てっきり夏奈のほうが心配だ、そんなの見てる暇あるか!という感じの
良い話になるのかと一瞬思ったじゃないか(;´ω`)
まあ千秋の性格からしてそんなセリフ言うわけ無いんだけどさ。

制服をクリーニングするので、持ち寄ったついでにお互いの制服を着てみることに。
なんともエロス(*´ω`*)

透けブラとかokだったんだなあ。
あ、そういえば前にモロブラあったな。
パンツは駄目でブラはいいのか。よく基準がわからん。

最後のケーキの話はちょっと良い話?だったな。
夏奈がホントに悔やんで涙を流し…たんだよね?^_^;
2007.12.04 Tue l 感想 l COM(0) TB(2) l top ▲
祭囃し編 9話、「攻防」。

なんとも熱い展開になってきましたな(´-`)

遂に富竹捕まる。
前回勇猛果敢に挑んでいきましたが結果はやっぱりこうだったか(;´ω`)

それを見た入江が赤坂に例の連絡方法で電話。
入江は車で逃走するものの山狗に銃撃を受け車が転落。

かなり重傷を負ったみたいですが、そこにちょうど葛西と詩音が。
なんともグッドタイミングというかお約束というか^_^;

というわけで、園崎家に逃げられたわけですが・・・。
ていうか入江白衣脱げよ
結局発信機には全く気付かなかったよなあ。
まあ今となってはそこはどうでもいいのか…?

富竹を足蹴にする鷹野ですが、なんともお色気ショットというかMというか^_^;

園崎家地下に逃げ込んでいた部活メンバーと入江。
山狗がそこまできております。

突入を見越して、
詩音が「魅音と来世も双子でいたいね」と圭一に伝言を頼んだり、
あまり緊迫感を詩音は出してないけど死を覚悟している様子がヒシヒシと。

「一人が欠けても嫌!」と泣く梨花、
この辺りの涙の表情とかは非常に作画良かった気がする(´ー`)
久しぶりのかっこいい羽入も見れて満足。

梨花一人で山狗に行くシーンあたりはかなり熱かった!!(´ω`)

注射を打たれそうになった所で、正義のヒーロー赤坂登場w
赤坂かっけぇw
ていうか強すぎだろ常考。

次回は反撃開始かな?
非常にwktk。

と、ひぐらしも後2話で終わりかあ。
…終わるのかな?(;´ω`)

梨花の大人の姿、見てみたい。非常に。かなり。相当。
後2話、というか最終話とかで見れないのかなあ(´-`)

http://tb.plaza.rakuten.co.jp/aoi78/diary/200712040000/4cbbb/
2007.12.04 Tue l 感想 l COM(0) TB(23) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。